これからWordPressを利用したい人向けのサーバ選択のポイント 〜共用サーバ編〜

これからWordPressを利用してブログやオウンドメディア、コーポレートサイトなどを立ち上げたいと考えている方は多いかと思います。

インストール型のWordPressに必要不可欠なのがサーバとなります。共用のレンタルサーバからクラウド・VPSまで幅広く利用できるようになっていますが、今回は共用のレンタルサーバに焦点を当てて、はじめてWordPressを利用する場合のサーバを選ぶポイントを紹介します。

共用レンタルサーバについて

一般的に利用されるレンタルサーバですが、提供しているホスティング会社やサービスの種類によって環境が異なっています。
一つのサーバを複数のアカウントで共用する形のサーバとなります。

ディスク容量は保証されますが、処理能力や帯域などはすべて共用になるため、高負荷がかかるような場合、制限を受けてしまいます。

Webサイトのアクセスが増えてきたり、負荷が大きくなってきたりした場合はクラウドやVPSへの移行を検討しましょう。

ポイント① WordPress動作推奨環境を満たしている

以前の記事にも書いたとおり、WordPressには動作推奨環境というものがあります。

これに基づいてPHPのバージョンやMySQLのバージョンを見てみましょう。
共用レンタルサーバのサービスページにある「機能一覧」や「機能詳細」のページに掲載されていることが多いですが、わからない場合は運営会社に問い合わせてしまってもいいかもしれません。

バージョンの選択が行える場合もありますが、できるだけデフォルトの環境が動作推奨環境を満たしているものが望ましいです。

完全に動作推奨環境に合致しているものでなくとも、できるだけバージョンの近いものが望ましいと言えます。
2017年12月14日の時点ですと、以下のようなバージョンが利用できれば問題は起こらないかと思われます。

  • PHPバージョン 5.6, 7.0, 7.1
  • MySQLバージョン 5.6 5.7

ポイント② コントロールパネルが利用しやすい

サービスごとにコントロールパネルが別々だったり、どの項目で何ができるのかわかりにくかったりと、コントロールパネルにも癖があります。

どれがいいということではなく、自分が一番わかりやすそうなものを選ぶのがいいでしょう。
コントロールパネルの画面は、サポートページで紹介されていることが多いので、そちらを確認すると良いかもしれません。
無料お試し期間が用意されているサービスもあるので、そちらでの確認もおすすめです。

ポイント③ WordPressの最新版が簡単インストールに対応している

WordPressのインストールはレンタルサーバを初めて利用する人からすると高い壁になるかと思います。
主要なレンタルサーバのサービスには「簡単インストール機能」が付いているので、それを利用しましょう。

ちょっと昔は「簡単インストール危険説」もありましたが、現在は権限周りも考慮して設定されるようになっているため、下手に自分でインストールを行うよりもセキュリティ対策が行えるようになっていたりします。

ただし、最新版やそれに近しいバージョンのWordPressに対応できていることが条件です。

ポイント④ WordPressのコミュニティへ参加している

WordPressの最新情報をサービス運営を行っている企業がどのくらい把握できているかの一つの指針として、コミュニティに参加しているかどうかがあります。

日本でも開催されているWordCampというWordPressのお祭りみたいなイベントがありますが、そこでスポーンサーをしている企業の中にもレンタルサーバのホスティング企業がいくつかあります。

これらの企業はWordPressの理念に賛同し、情報収集を行っているということになるかと思いますので、積極的に利用すべきです。

また、WordCampなどの会場に行くことで、直接企業の中の人と話をすることができ、要望や困り事などの相談を聞いてくれるというのも好材料です。

日本各地にあるWordPressのコミュニティであるWordBenchが開催する勉強会でも、セッションやディスカッションなどを行っている場合がありますので、機会があれば参加してみるといいかもしれません。

まとめ

いろいろなレンタルサーバのサービスがある中から、WordPressに向いているサービスを探すのはかなり大変かと思います。

ただ、安易に価格だけで決めてしまったがためにエラーや不具合で痛い目を見るという事態も少なくありません。

今回紹介したポイントを踏まえて、予算と相談して快適に利用できるサーバ選択をしましょう。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

遠藤進悟

株式会社アーシタン技術担当。Webエンジニア。WordPressコミュニティやKUSANAGI静岡ユーザグループモデレーターとしてWeb制作におけるサーバーの重要性の認知度をあげるため活動中。

お問い合わせ

株式会社アーシタンのサービスにご関心をお持ちいただきまして、ありがとうございます。
当社サービスについてご相談や不明点がございましたら、
サービスサイト「コマトキ」お問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。